サイト広告運用をサポートし
メディア収益の最大化に貢献

グーグル アド マネージャーが提供するダイナミックアロケーション機能の最適化やヘッダービッディング、Transparent Ad Marketplace(TAM)の導入によるメディア収益向上を支援いたします。

メディアご担当者の負担を軽減

多くのウェブメディアでは、Googleが提供している広告管理プラットフォーム のGoogle Ad Manager(グーグル アド マネージャー 以下GAM)を採用しバナー広告を管理しています。
GAMは、9000万インプレッションまでは無料で使用することができるため、企業にとって非常に有用なツールです。Google Ad Manager

自社広告の運用

プログラマティック広告の管理

レポート資料の作成

しかしながら、
大きなトラフィックを持つサイトの広告管理は多くの労力・工数が必要です。

個別の広告枠ごとの管理工数
×
新技術の採用検討・実装工数
×
純広告・自社広告の管理工数
×
広告クリエイティブの審査工数

上記のような工数にお悩みの企業や担当者様をサポートいたします。


Tips.1

収益最大化の鍵はダイナミックアロケーション機能の活用

ダイナミックアロケーションの仕組み.1

配信するSSPを一つだけにした場合は、入札圧力が働かずCPM価格は低下傾向に陥ります。

ダイナミックアロケーション機能で入札圧力

そこで、インプレッションごとに複数のSSPを競争させ広告枠のCPMを最大化します。

ダイナミックアロケーション機能で収益最大化

常に正しい競争環境を提供することでサイト全体の広告収益は最大化されます。

(事例)ダイナミックアロケーション機能を最大化した結果

2020年2月度 エンタメ系サイトの実績

CPM単価の向上によるメディア収益の改善
DA開始前との平均CPMの比較グラフ


Tips.2

収益最大化メソッドに沿った運用を代行

ダイナミックアロケーション成功の鍵は仮想CPMの最適化です。広告の買い付け需要は季節要因や経済環境により日々変化します。この需要の変化に対応した仮想CPMを設定し続けることは、メディア担当者への大きな負担となります。本サービスの運用開始後は弊社担当が週次で仮想CPMの影響を確認、広告枠のポテンシャルを常に最大に保ちます。

Google スプレッドシートにAdsense,Ad Exchange,ヘッダービッディングなどの収益を集計。

広告枠ごとに仮想CPMを最適化


Tips.3

Googleアップデートや最新広告技術のコンサルティング

Googleや海外SSPベンダーの最新情報をお客様のサイト仕様に合わせてレポーティング。
広告配信技術の最前線をお届けします。


– レポーティング事例 –

Googleのオンライン・セミナー情報

海外SSP企業が公開するホワイトペーパー


料金

30万円(月額)
40万円(月額)
(応相談)
枠ごとの収益管理・報告/週
収益アップに関するコンサルティング
ダイナミックアロケーション機能の最適化/週
収益レポート作成/月
へッダービッディングの導入・収益管理
自社・純広告の運用管理
自社・純広告のレポート作成
SSP・ベンダーとのコミュニケーション代行

広告運用・管理費のコストダウンに貢献します

サイトの広告収入が500万円/月の場合

運用会社運用委託費御社最終利益
A社広告収益の20%400万円
B社広告収益の15%425万円
弊社の場合 40万円(固定費) 460万円

お問い合わせ




会社名 SS-INNOVATION 合同会社
事業内容 デジタルコンサルティング
設立 2012年2月
代表 古川 英樹
所在地 〒107-0061 東京都港区北青山2-7-13
問い合わせ info@ss-innovation.jp